どんな車もいつかはハブベアリングの不調が起こる

ベアリングは消耗品なので劣化は宿命

ホイールがなめらかに回転するのはベアリングのおかげ。タイヤと同じ速度で回転するため、丈夫な構造となっているが、だんだんと消耗していくのは避けられない。

 

とくに、高級車やスポーツカーなどはワイドタイヤを装着しており、ベアリングにも相当の負担がかかる。通常は5万キロ程度は耐えるとされているが、改造車だとベアリングの劣化速度もグンと早まるので覚悟しておこう。

 

とはいえ、自動車に使われているベアリングは走れば走るほど確実に劣化していく。交換時期になると、異音がしてきたり振動が強くなったりするため、乗り味が悪くなる。丁寧な運転を心がけると劣化速度は落ちるが、それでも5万キロをめどにチェックはしておこう。

 

交換費用は、ベアリングが4輪分で約6~8万円。工賃も4~5万円かかるので、10万円以上はかかる。痛い出費だが、スポーツカーなどでは運転安定性が失われて最悪事故につながる可能性がある部分なのでしっかり修理しておきたい。