ハンドリングがおかしいときは

ステアリングダンパーもヘタリやすい部品のひとつ

サスペンションから伝わる衝撃をやわらげるのがショックアブソーバーだが、ステアリングに加わる力を緩和させるのがステアリングダンパーだ。高速走行時のショック緩和が目的なので、一部のスポーツカーにしか装着されていないが、100km/h以上で走行することが多い場合は直進安定性を保つために必須だ。5万キロほどで劣化してくる部分なので該当する車種のオーナーは注意が必要。

 

ステアリングはダンパーの作用を前提に調整されているので、ダンパーがヘタってくるとハンドリングがフニャフニャになって不快に感じる。すぐに事故につながるような重大な部分ではないが、新車のころのようなスムーズなハンドリングを取り戻したいなら、交換を視野にいれよう。

 

作業自体は簡単なので、工賃も1万円以内のことがほとんど。ステアリングダンパーは1万円程度なので、合わせても2万円を超えることはほどんどない。ステアリングダンパーが劣化するということはタイロッドなども合わせて劣化している可能性があるので、まとめて交換するとコスト削減できる。

 

ノアの値引きで<絶対必要>な条件とは?