ハンドル操作がおかしいときはタイロッドを疑え

ステアリングの不調はタイロッドが原因?

ステアリング操作をすると、タイロッドというパーツがホイールに力を伝えてタイヤの向きが変化する。左右に曲がるときには必須の部品だが、頑丈なので通常は事故にでも合わない限り壊れない。しかし、ステアリングナックルとの連結にはゴムが使われており、走行距離に応じてヘタってくることがある。

 

維持方法としては、停車中にハンドルを切ったり、ロックするまでステアリングを切らないようにするのがポイント。丁寧な運転であればゴム部も長持ちしやすい。

 

ゴムがヘタってくると、ハンドル操作が悪くなり、振動が起こったり、ハンドルを握っていないとまっすぐ走らないなどの症状が出てくる。症状が似ているためアライメントの調整に走ることが多いが、それでも解決しない場合はタイロッドのゴムに注目しよう。

 

交換方法について。ムだけ交換すればいいように思えるが、実際はタイロッドまるごと交換することになる場合が多い。タイロッド自体は1万円しない程度で購入できるので、工賃と合わせて数万円以内で直せるはずだ。

 

なお、この修理を行うとアライメントが狂うことが多いので、アライメント調整も確実に行うこと。

 

なお、アクセラあたりもステアリング構造が複雑な車種であります。その分人気が高く、値引きが渋めとなっているのも最近よく報じられています。もしアクセラを買う場合は、↓のサイトを見て準備をするようにしてください。

 

アクセラ値引きを最大限獲得する<絶対条件>とは?