自動車の足回りちゃんとチェックしてる?

意外と多いのがショックアブソーバーのヘタり

路面からの衝撃を吸収するのがサスペンションだが、吸収した力をコントロールするのがショックアブソーバー。これがきちんと作用しているとシャキッとした乗り心地を体験できるが、劣化してくると足回りがヘタってくる。

 

低速で走るならまだごまかしが効くが、高速道路を走ったりすると安定性が悪くなって事故につながることがあるので、すぐに修理しないといけない。

 

オイルのように交換時期があるわけではなく、故障は運転の仕方に大きく関わってくる。乱暴な運転をするとすぐにヘタるし、丁寧に運転していればなかなか壊れることはない。また、高級車のようなエンジンの重い車種だと、ヘタりやすくなる。一般的に、5万キロ程度は問題ないとされている。

 

ショックアブソーバー自体は3万円程度なので、それほど高い部品ではない。しかし、基本的には4本まとめて交換するので、費用は10万円以上することが多い。

 

また、リヤサスペンションに油圧を利用したものの車両だと部品代も工賃も非常に高くなり、50万以上することも。そんなときは、油圧制御のアキュームレーターなどの交換をして様子を見るのが普通だ。

 

なお、ショックアブソーバーなどの足回り周辺部品を交換したらアライメントをとるのが鉄則だ。そうしないと性能を十分に生かしきれないので、交換費が無駄になるケースがある。
PR:ヴェゼルの値引きに必要なポイントを2つ紹介